登録受付中!

受託案件、スタートアップ案件など
Ruby on Railsの開発のお仕事のみを掲載しております。
空いた時間で出来るような仕組みとなっておりますので
勉強や副業としてぜひご利用ください

 GitHubアカウントで登録する  →

StartupLabo内のお仕事は、Ruby on Rails、RSpec、git-flowが
使えることが前提となりますので、予めご了承ください

StartupLaboとは

StartupLaboは主にシードスタートアップをクライアント対象とした
世界初のRuby on Rails専門クラウドソーシングです

作業フロー

StartupLaboでは作業フローを明確にすることで、
安心してお仕事が出来る環境を用意いたしました

Flow
1

依頼

クライアントからの依頼は全て弊社のレンタルCTOが依頼を受け、要件として確定させます。

2

ISSUE追加

レンタルCTOが要件を細かくタスク分解して、ISSUEとしてgithubに追加いたします。

3

ISSUE選択

ワーカーの方は空いた時間にISSUEを選択して、自らアサインし、ブランチを切って開発を行っていただきます。アサインを行うと時給の計測がスタートします。

4

Pull Request

開発完了後、pull requestを投げていただくと開発終了となり、時給計測が終了します。ISSUEの途中で別の日に対応したい場合は時給計測を一旦停止することも出来ます。

5

レビュー、マージ

レンタルCTOがあがってきたpull requestのレビューを行います。レビューから戻しがある場合、再度修正いただくこともありますが、pull request修正分も同様に時給計測されます。問題がなければ、レンタルCTOがマージを行います。

コミュニケーション

レンタルCTOとのコミュニケーションはSlack上で行います。不明点や質問があれば随時ご確認ください。

StartupLabo特徴

エンジニアの皆様が、より自由に、より安心して
働いていただけるようにエンジニアが考えたクラウドソーシングです。


Ruby on Railsのみ

コミュニケーションロスを減らし、クラウドソーシングでも開発効率を最大限に引き出すため、Ruby on Railsのみに絞っています。

完全時給制

見積もりや瑕疵対応など無駄な工数や受発注双方の負荷を減らすために完全時給制としております。時給は2,000円からスタートとなり、今後追加されるISSUE単位の評価制度により、時給アップも可能になる予定です。

シードスタートアップ

StartupLaboでは主なクライアント対象がシードスタートアップ様となります。理由としては、エンジニアが少ないというのももちろんですが、比較的縛りが少ない為、新しい技術やツール導入が容易であったり、共にサービスを作っていく楽しさを、皆様にも体験していただきたいからです。